忍者ブログ

[PR]

2017年11月18日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レアアイテム

2010年07月30日
北海道限定のマルちゃん「やきそば弁当」。時々関東でも売っているので今更珍しくもないのだが、さすがにこれは珍しい。


「あんかけ風やきそば弁当」

「風」が小さく書いてあるところに正直者の気配が感じられる。

eab67040.jpg

通常のやきそば弁当と違って、これはスープがついてこない。その代わりがこれ。あんかけの素。

bafd5793.jpg

かやくを麺のうえにあけて、お湯を入れ、3分。そしてお湯を捨てるところまでは同じ。

06d21766.jpg

それから、なんと170mlのお湯を再度入れるのだ。

d6699d36.jpg

その上から、あんかけの素を投入。

92bfbdf1.jpg

そしてひたすら混ぜるべし。混ぜている間の物体にはあまり目を向けないように。

fd5458df.jpg

そしてできあがり。確かにできあがりはあんかけ焼きそばっぽい。

7d19262d.jpg

味の方も、あんかけ焼きそばだな、というような味になっている。カップ麺でよくぞここまでという気がする。

しかし、その努力は買うが、ここまでしてインスタントであんかけ焼きそばが食べたくなるものだろうか、という根本的な疑問が残ってしまうのであった。

PR
Comment
No title
そのうち梅欄コラボの餡が下に隠れた焼きそばが出たりして。
Re:No title
インスタントでどうやってそれを実現するかが課題ですね。
で、課題をクリアしたとして売れるかどうかが謎だったりします。
そこなんです!
いくら おいしくなっても、大前提である「インスタント」を逸脱するインスタントが困るんですw

カップ もりそば なんか、小さなカップに水入れて 冷やして、流して・・ また水いれて・・
それで うまくないんだから・・・もぉおおお! って感じですねw
Re:そこなんです!
そうなんですよね。
インスタントにはインスタントの分があるわけで、
そこからはみ出しちゃった場合、そこに十分な
利点があるかどうかが問題です。
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字